内容のないような人生のブログ http://writestuffmedia.com My WordPress Blog Wed, 25 Jan 2017 10:59:19 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 審美歯科とメタルボンド http://writestuffmedia.com/?p=20 http://writestuffmedia.com/?p=20#respond Wed, 25 Jan 2017 10:59:19 +0000 http://writestuffmedia.com/?p=20 審美歯科は歯の病気を治す歯科医院とは違い、自由診療での歯科治療を行っています。審美歯科は高いといった印象もあるかもしれませんが、高品質な素材を使うことができますし、歯の見た目の美しさでは抜群の満足度が期待できます。

審美歯科では被せものなども、いくつかの種類から選ぶことができます。メタルボンドのフレームは金属で作られていて、まるで陶器のように焼いて固められているセラミックで出来上がっています。金属での補強という強さがあり得為、ブリッジで利用もできます。メタルボンドは歯科の世界でも歴史があり、実績もある信頼の素材です。

天然の歯に色が似ているので、仕上がりの見た目も良いです。強固な金属が中身であるために、歯野市としてもだいたいどこにでも使うことができます。貴金属を中身に変えることにより、金属の溶け出すことで起こるハプニングは防ぐことができます。金属が溶けると、歯茎の色まで変わることがあります。貴金属に変えると、金属アレルギーの心配も不要になります。
渋谷の審美歯科はこちらです。

メタルボンドのデメリットを挙げるとすると、金属の種類にもよりますが、止めた金属の影響で、金属アレルギーになることもあります。表からはいいのですが、裏側からだと金属が丸見えです。長いあいだ使用していると、歯茎の下がりにより、歯茎と歯の境目が見えるケースもあります。全ての人に当てはまるということはないので、ほかの素材とよく比べて適切な素材を選ぶことです。

]]>
http://writestuffmedia.com/?feed=rss2&p=20 0
勘は不要、歯医者に導入されたマイクロスコープ http://writestuffmedia.com/?p=17 http://writestuffmedia.com/?p=17#respond Wed, 25 Jan 2017 10:56:37 +0000 http://writestuffmedia.com/?p=17 歯医者の腕の良し悪しはその目と技術と、適切な判断と言われてきました。とくに虫歯治療などの歯の悪い箇所を取り除く治療においては、その腕の差が顕著に出ます。

人間の裸眼には限界があり、見えない箇所の治療は歯医者の経験と判断に基づき行われ、大抵の場合、万一に備えて必要以上を削りとるという治療が行われてきました。しかし近年、耳鼻科や脳外科で使われていたマイクロスコープの導入によって、人間の裸眼以上の正確な拡大映像を歯医者が把握できるようになりました。まだまだ導入率は多くありませんが、これからは正確な治療と、歯医者の経験によって斑が出ない治療が期待できます。マイクロスコープが最も役立つ治療のひとつに根管治療があげられます。
歯科のマイクロスコープのサイトです。

歯茎から血が出る原因ともなる根管は歯の中にあり、とても細かく複雑な形状です。にもかかわらず、従来の歯医者は手探りと自分の目で治療が必要となる箇所を探し当てていました。マイクロスコープでは最も悪い箇所の内部を鮮明に映し出すことが可能なため、細部の治療がこれまでに比べて遥かにレベルアップします。虫歯治療では裸眼では捉えきれなかった虫歯の原因がはっきりと分かるため、必要最低限の治療で済ませることができます。ただ、一方で課題も残っていて、マイクロスコープの操作教育が充実していないことです。どんなに優れた機会でも、それを扱う人間の技術が追いついていなければ役に立ちません。これから先研修などが広く行われていくことになるでしょう。

]]>
http://writestuffmedia.com/?feed=rss2&p=17 0
インプラントの成功率はどれくらい? http://writestuffmedia.com/?p=14 http://writestuffmedia.com/?p=14#respond Wed, 25 Jan 2017 10:52:07 +0000 http://writestuffmedia.com/?p=14 現代の医学は非常に発達したものであると言っても、手術を行うのであれば成功することもあれば失敗することもあります。

失敗した時のダメージについてはその手術に応じて異なるでしょうが、インプラント手術については失敗してしまった場合、高額な費用を支払った手術が無意味になってしまうことになるでしょう。そのため手術の成功率については多くの人が気にするのですが、現状のデータでは約97%ほどとされています。100人手術を受けて97人が成功すると見るか3人が失敗すると見るかは人によって異なりますが、少なくとも手術を受けた人の大半は成功していることがわかります。

ただ傾向的に上顎の方が失敗するリスクが高く、下顎の方は成功率が高いといったデータもありますので、これも一つの参考になるでしょう。ただインプラント手術は事前にしっかりと患者の状態が把握できていて、かつ必要な機材が揃ったうえで知識と技術を持った医師が手術を担当すれば失敗のリスクは格段に低くなるものです。もちろん不測の事態が発生したという場合や突然の体調変動によって手術の継続が不可能になるなどのケースもあるでしょうが、それは極めてまれなケースです。
渋谷でインプラントをするためのサイトです。

このことを考えると「インプラント手術は適切な技術と経験、機材が揃っている信頼できる医師に任せれば基本的に安心して受けられる」というようになるのです。実際のところ、現在の日本ではインプラントを行えると自称しているクリニックこそ多いですが治療法としてはまだまだ新しい治療法です。器材はともかくとして、中には技術も知識も未熟なのに治療を受け付けているクリニックがあるのも事実です。そのため「クリニックならどこでも同じ」と考えず、「自分の歯を治療するのだからしっかりとしたクリニック選びをしなくてはならない」として考えるようにしましょう。

]]>
http://writestuffmedia.com/?feed=rss2&p=14 0
審美歯科で歯の健康力もアップ http://writestuffmedia.com/?p=11 http://writestuffmedia.com/?p=11#respond Wed, 25 Jan 2017 08:59:02 +0000 http://writestuffmedia.com/?p=11 最近では歯に対する美意識がたかまってきたせいか、子供のときから歯の矯正をいたり、社会人になってからお給料をもらえたので、歯の矯正をしたりする人が増えてきました。

以前のように歯が痛くなってから歯医者さんへ行き、健康保険で安く治療をしてもらえればいいと思う人が減り、どうせ治すなら他のはと違和感のないきれいな歯を入れてもらいたいと考える人が増えてきました。ネットのふきゅうによって今では歯医者さんへ行かなくても、審美歯科でいれたきれいな歯を見ることができるし、歯の治療方法についても詳しく説明されるようになりました。

審美歯科によっては動画で治療スタイルを紹介したり、金額についても詳しく掲載されているので治療費についてもおおよそいくらぐらいかかるのか前もって分かるようになりました。審美歯科の治療は健康保険が使えないため、セラミックやジルコニアなどの白い歯を入れると、かなりの高額な治療費がかかってきます。
東京の審美歯科の情報です。

さらに治療についても先生が型をとり、どんなところに歯を作ってもらっているのか、技術についても差がでてきます。白い歯をいれても手入れについて知識も必要だし、治療後アフターケアのある歯医者さんのほうが安心できます。また歯は観賞用ではなく実用的でなくてはならないので、きれいでよく噛め機能的な歯をいれてくれる歯医者さんを選ぶ必要があります。歯の状態がきれいになると、オーラルケアにも関心が持てるようになるしいいこと尽くめです。

]]>
http://writestuffmedia.com/?feed=rss2&p=11 0
インプラント治療の医師選び http://writestuffmedia.com/?p=8 http://writestuffmedia.com/?p=8#respond Wed, 25 Jan 2017 08:57:00 +0000 http://writestuffmedia.com/?p=8 インプラントは手術をすることになりますし、失敗するリスクもゼロではないので、最初の時点で安心して治療を受けることができる歯医者を見つけるということが大事になってきます。

そこで、まずインプラントの手術はどの先生で受ければ良いのかというと、これまで実績があり、経験豊富な先生に、設備が整った歯科医院で治療を受けるということが基本的に重要になってきます。

病院の種類に関しては、現在はインプラントを専門とした歯科医師はたくさんいますから、個人医院でも、総合病院、大学病院などのなかから選ぶことができます。

特に、カウンセリングをしっかりと行い、メンテナンスにも対応してもらえるところがふさわしいでしょう。渋谷のインプラントはこちらから。

それでも不安があり、より信頼できる医師の選び方としては、カウンセリングを受けてみて、自分で判断した方がより確実であると考えられます。中には、広告とは違ったということになってトラブルになることがあるので注意が必要になってきます。

例えば、症例数といってもインプラント手術だけを行って、それを一つの症例数として掲載している歯科医師もいますし、かみ合わせから、審美的な面、メンテナンスを含めて1つの症例としている歯科医師もいますから、一概に症例数だけで判断してしまわないようにすることが大事になってきます。

最近は、インターネットである程度の評判を見ることができますから、まずはそれを参考にして、後は自分で実際にカウンセリングを受けて判断するという方法が適切であると考えられます。

]]>
http://writestuffmedia.com/?feed=rss2&p=8 0
インプラントのメリットとは http://writestuffmedia.com/?p=5 http://writestuffmedia.com/?p=5#respond Wed, 25 Jan 2017 08:55:28 +0000 http://writestuffmedia.com/?p=5 審美歯科を中心として欠損した歯の部分に利用することが出来る治療として注目されているのが、インプラントと呼ばれている人工の歯です。

大きな総合病院では保険を適応して利用することが出来るようになっていますが、個人医院の場合は保険が適応されないため実費での支払いが基本となっていると言うデメリットはありますがそれでも人気が高く、利用する人が多いといわれています。渋谷のインプラントについてはこちらです。

その理由としては、差し歯や入れ歯と比較してもメリットが高いと言うところにあります。
ではインプラントのメリットとはどのようなものがあるのかと言うと、まず自然の歯の感覚に近いというところにあります。

インプラントの性能は自然の歯の60%ほどと言われており、ほかの方法と比較しても抜け落ちにくくなっていると言うことから違和感なく利用することが出来ます。

また、咀嚼などの口腔内の能力も落ちないので安心して利用できるというところも魅力となっているようです。
また、インプラントはほかの方法よりも自然の歯を傷つけることなく利用することが出来るという点でも安全性が高いというところもメリットとなっており、歯周病などの病気に気をつけておけば長く使い続けることも可能となっています。

耐久性に関してもしっかり手入れをしていれば30年ほどは持つといわれており、入れ歯や差し歯などと比較しても長く使い続けられると言うところはコストの面でも大きなメリットとなっていると言えます。

]]>
http://writestuffmedia.com/?feed=rss2&p=5 0