歯医者の腕の良し悪しはその目と技術と、適切な判断と言われてきました。とくに虫歯治療などの歯の悪い箇所を取り除く治療においては、その腕の差が顕著に出ます。

人間の裸眼には限界があり、見えない箇所の治療は歯医者の経験と判断に基づき行われ、大抵の場合、万一に備えて必要以上を削りとるという治療が行われてきました。しかし近年、耳鼻科や脳外科で使われていたマイクロスコープの導入によって、人間の裸眼以上の正確な拡大映像を歯医者が把握できるようになりました。まだまだ導入率は多くありませんが、これからは正確な治療と、歯医者の経験によって斑が出ない治療が期待できます。マイクロスコープが最も役立つ治療のひとつに根管治療があげられます。
歯科のマイクロスコープのサイトです。

歯茎から血が出る原因ともなる根管は歯の中にあり、とても細かく複雑な形状です。にもかかわらず、従来の歯医者は手探りと自分の目で治療が必要となる箇所を探し当てていました。マイクロスコープでは最も悪い箇所の内部を鮮明に映し出すことが可能なため、細部の治療がこれまでに比べて遥かにレベルアップします。虫歯治療では裸眼では捉えきれなかった虫歯の原因がはっきりと分かるため、必要最低限の治療で済ませることができます。ただ、一方で課題も残っていて、マイクロスコープの操作教育が充実していないことです。どんなに優れた機会でも、それを扱う人間の技術が追いついていなければ役に立ちません。これから先研修などが広く行われていくことになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *