審美歯科を中心として欠損した歯の部分に利用することが出来る治療として注目されているのが、インプラントと呼ばれている人工の歯です。

大きな総合病院では保険を適応して利用することが出来るようになっていますが、個人医院の場合は保険が適応されないため実費での支払いが基本となっていると言うデメリットはありますがそれでも人気が高く、利用する人が多いといわれています。渋谷のインプラントについてはこちらです。

その理由としては、差し歯や入れ歯と比較してもメリットが高いと言うところにあります。
ではインプラントのメリットとはどのようなものがあるのかと言うと、まず自然の歯の感覚に近いというところにあります。

インプラントの性能は自然の歯の60%ほどと言われており、ほかの方法と比較しても抜け落ちにくくなっていると言うことから違和感なく利用することが出来ます。

また、咀嚼などの口腔内の能力も落ちないので安心して利用できるというところも魅力となっているようです。
また、インプラントはほかの方法よりも自然の歯を傷つけることなく利用することが出来るという点でも安全性が高いというところもメリットとなっており、歯周病などの病気に気をつけておけば長く使い続けることも可能となっています。

耐久性に関してもしっかり手入れをしていれば30年ほどは持つといわれており、入れ歯や差し歯などと比較しても長く使い続けられると言うところはコストの面でも大きなメリットとなっていると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *